【ジェッタ】81歳でイギリス留学した浅井さん

子どもにもできる英会話学習、

大人にとっては英会話の最後の駆け込み寺

81歳女性も半年で英国ホームステイを実現できた英会話学習法 ミシュク式カタカナ英会話「ジェッタ」

 

日本人は英語が苦手で、多くの人は中学校・高校の 6年間英語を学んでいるにも関わらず、約 9割が英会話を苦手と感じています。2020年のオリンピックイヤ―には、年間 5,000万人以上の外 国人が日本を訪れると予想されます。そのような中、日本人が効率的に英会話を習得する方法とし て注目されているのが「カタカナ英会話」です。

 

ミシュク式カタカナ英会話を開発した、一般社団法人 日本外国語講師育成協会 代表理事の 御宿重孝は、ほとんどの日本人が英語を話せないという現状を鑑み、日本人に馴染みのカタカナ を使う英語学習法を開発しました。そして 2015年12月に、誰でも学べるカタカナで英語学習法の 提供と、日本の英語教育の底上げを目的として、ミシュク式カタカナ英会話を教える教室を、全国 で初めて名古屋市千種区法王町にオープンしました。

 

ジェッタの受講生には小学生以上の児童・生徒・学生や、20代~70代の社会人が多いですが、 中には83歳の女性がいます。浅井末子さんは、81歳から英会話を学び、半年で英国で 9日間の ホームステイを実現しました。彼女は 20歳の頃からガーデニングが好きで、いつか英国で本場の ガーデニングを体験したいと思っていましたが、日々の生活に追われて英語を学ぶ機会がありま せんでした。夫を亡くして一人暮らしになってから、昔の夢を思い出し、ジェッタに通い始めました。 アルファベットを使わない、カタカナで発音を教えるプログラムについて、「これならできそうだ」と 思ったそうです。週に2回の教室通学と、家庭での学習によって英会話を身に着け、ホストファミ リーとも意思疎通ができました。

 

    

明治以来の日本のカタカナ英語では、外国人に通じる発音を表記することはできませんでし た、それは、英語の発音に一番大切なアクセントを表記できないからです。 そこで御宿氏が3つの大きさ(大・中・小)のカタカナを使用し、英語の発音のアクセン トを表記する方法を編み出したのが、ミシュク式英会話です(特許取得済)。カタカナ英 語の表記の通りに読めば、誰でも外国人に通用する英語の発音ができます。

 

カタカナであれば小学生なら読めますので、カタカナ式英会話は、子どもから、英語を学 んでいないシニア、さらには英語にリベンジをしたい社会人まで、どなたにとっても着手 しやすい勉強法です。通常、3~6 カ月あればホームステイできる程度の英会話を習得でき ます。英文法もノウハウがあり、教室では発音+文章組み立ての仕方を教えます。  ジェッタは認定講師育成も手掛けており、2020 年までに教室 200 か所の設置を目指して います。例えば育児の手が空いた主婦の方が自宅で教室を持つ事も可能になります。

 

 □御宿重孝と長谷川雄一朗の出会い□

長谷川雄一朗が会社員と英会話講師を兼任していたところ(2012-2015年)、御宿重孝 さんが提唱するミシュク式カタカナのテキストと出会って感銘を受け、2015年12月 名 古屋市・覚王山に「カタカナ英会話教室ジェッタ」をオープン。

日本から英語を話せない人をなくすを標榜し、カタカナを使ってだれでもきちんとした 英語発音ができるようになる「ミシュク式カタカナ英会話ジェッタ」。 先日、このカタカナ英会話で学んだ 81 歳の女性が夢だった英国ホームステイを実現 させました。

 

 

あなたもカタカナで長年の夢を叶えましょう。カタカナ英会話ジェッタに今すぐお電話をしてください。052-759-5177