「動詞の前は主語だ」

おはようございます。

カタカナ英会話の長谷川雄一朗(ハセガワユウイチロウ)です。


平成最後の8月が終わり、9月がスタートしました。

とても早い流れです。突然ですが皆さま日々何かに挑戦しておりますか?過ぎ行く時間は待ってくれません。挑戦は楽しく乗り越えて、笑顔で達成しましょう。


2年前に親子でカナダ留学を目指した方の記事をご紹介させてください。2016年のその方のブログです。

シニアや夫婦や主婦に人気のカタカナ英会話ジェッタ
シニアや夫婦や主婦に人気のカタカナ英会話ジェッタ

今回は、挑戦というテーマですが、カナダ留学したい方や英語が話せるようになりたい方など、自分との闘いをする方にエールを贈りたいと思います。



挑戦に年齢は関係ない。

ある一定の期間を勉強することで

誰でもスランプを経験する。

それを乗り越えてこそ挑戦の意味があり、

またその先の

目標が見えてきて

その目標というゴールへ向かうのも挑戦。



2016年の中で夢を叶えた生徒さんがおります。

81歳の方で自転車で片道15分の通学をしていました。6ヵ月間ジェッタに通い続けたから長年の夢を叶えたのです。

最後に、


英語を勉強している方で、現在スランプを抱えている方に1つヒントを出します。



動詞の前は主語だ。

日本語と違い英語は結論から来る言語。

結論は動詞。その前に主語がきます。




このメッセージが多くの方々の救いとなると良いと思います。




動詞の前は主語。



文章の組み立ては、主語からではなく動詞から。






今日はこんなところですね。

あとは、体験会でお話しさせて頂きます。