<後半>カタカナ英会話ジェッタで1年半学んで本日卒業した生徒さんの語った「セリフ」

 積極的に学びを深めていくTさん。旅行英会話と日常英会話を学び、既習表現をマスターしていく。

英会話を習った先に見えた、「あるもの」

  ジェッタの英会話を習ってきた生徒さんを見ていると、必ず通る「分岐点」が存在する。乗り越えるか乗り越えないかハードルがある。


   Tさんは、英会話を習ってこれからの時代に備えて行きたい!という気持ちと、義務教育でやってきた英語の知識を応用して、英会話が話せるようになりたい。という目標で、英語が決して好きな訳ではなかったが、意外な言葉を頂いた。

先生、英語が好きになりました!

  成果を求める時代。全てが結果だけを求めれば良いのであれば、人が介在する余地もない。


  Tさんから出たのは、先生と1年半、英会話を習い、英語が好きになりました。外国人を一週間、おもてなしする時に通訳をつけていたTさんは、今後は、もうその必要がない。

ジェッタでレベルアップしていく過程

  今回のTさんの英会話を体得した過程は、


1ヶ月目 

発音に特化したカタカナフォニックスを使用した授業。


2ヶ月目 

挨拶や基礎的な文章の話す聞く練習。


3ヶ月目

AIロボット英会話「ジェッタ」を使用した旅行先を想定したシチュエーション別の会話の練習。


4ヶ月目~6ヶ月目

ジェッタ旅行編のテキストを用いて会話を体得。


7ヶ月目~10ヶ月目

ジェッタ日常英会話編のテキストを用いて会話を体得。


11ヶ月目~14ヶ月目

イギリスのオックスフォードのテキストを使用して、英語の文法を磨き、基本的な文章ではなく、応用的な文章の聞く話すを実践できるようにする。


15ヶ月目~18ヶ月目

これまで習ってきた表現のおさらいと、ジェッタ講師とのフリートークを英語で行い卒業認定。



歩んだ道のりは、険しかったが、得たものが大きい。

  Tさんは、すっかり自信をつけて卒業。外国人と話す事に抵抗がなくなり、来る国際化の波に乗る事となった。そして英語が好きになり、今後も外国人との会話も弾むという構想。


  何かを成し遂げるには、何かを犠牲にする。しかし、あなたの人生の3ヶ月~1年半で、夢や目標が叶うなら、それには、是非ともチャレンジして欲しい。


 ジェッタは、これまでもたくさんの卒業生を輩出した。今後もそういった夢や目標を叶えるサポートをさせて頂きますので、是非とも皆さんのようなチャレンジャーをお待ちしております。