イタリアと聞いて思いつくのは水の都ヴェネツィアやピサの斜塔と、有名な観光地ですよね。

イタリアと聞いて思いつくのは水の都ヴェネツィアやピサの斜塔と、有名な観光地ですよね。はるばるイタリアまで来たからには色々なスポットやエリアに行きたいですよね。今回はイタリアのあまり知られていないスポットをご紹介します!

 

実は教科書にも載っている!チヴィダーレ・デル・フリウリ

ヴェネツィア・ジュリア州にあるこの町は、中世時代政治の中心都市でした。人口は1万人ほどの小さめの村で、あまり観光する人は居ませんがイタリアの教科書には必ず出てくるのでイタリア内では有名な村です。チヴィダーレの大聖堂やサンタ・マリーア・イン・ヴァーレ小礼拝堂、ドゥオーモ博物館、悪魔の橋など長い歴史があるスポットがたくさんあります。街並みも綺麗でただ歩いてるだけで満足してしまいます。歴史的なものがたくさんあるので、歴史好きな方にはおすすめの村です。

Cividale del Friuli

住所:〒33043 Italy Friuli-Venezia Giulia Province of Udine

 

高級ワインの産地!ボルゲリ

高級ワインサッシカイアの産地のボルゲリ。サッシカイアは高いものだと1本40万円を超えすることも!そんな産地のボルゲリはワイン好きな人に特におすすめの村です。たくさんのワイン農園、ワイナリーがありいろいろな種類のワインを楽しむことができます。ガイドブックにもあまり記載されていないので、知る人が知る村です。そんなボルゲリにはワイナリー以外にも、まっすぐどこまでも続く並木道も美しく、真ん中に立って撮るとフォトジェニックな仕上がりに!恋人や友達と楽しむスポットとしておすすめです。

Bolgheri

住所:〒57022 Italy Livorno Prefecture custom sulfonate Cal Du' Chi City Bolgheri

 

日本ではあまり知られていない

オルヴィエート

『世界一美しい丘上都市』として各国で有名なオルヴィエート。なぜか日本では全然知られていません。中世の雰囲気があるオルヴィエートは歩いているとまるで絵本の世界みたいで、ついつい立ち止まってしまいます。300年かけて造られたと言われている大聖堂や巨大な井戸サン・パトリツィオなどがあります。そしてオルヴィエートは、あのピノキオのゼペットおじさんの故郷の町と言われています。

Orvieto

住所:Italy Umbria Terni Province Orvieto

 

人口たった3000人!可愛らしい村ブオンコンヴェント

イタリア人達が、よくおすすめする村です。人口は少ないのですがみんな仲良く雰囲気がいい村です。建物もカラーが揃えられていて、バランスよく草花も配置されていて、海外の絵本のような、ファンタジーアニメの森奥の村のような世界観の村でとても可愛らしいです!村の名前のブオンコンヴェントは『幸せの実る場所』と言う意味があるのですが、実際行ってみると本当にそうだなーと実感します。古い城壁があったり、時計塔などがあります。夏には一面のひまわり畑も見ることができます。特に観光地らしいものは、あまりありませんが、ただただ居るだけで幸せな気持ちになれる村です。村の全てが可愛く何回も写真を撮ってしまいそうになります。

Buonconvento

住所:〒53022 Italy Siena Prefecture buonconvento

 

まとめ

 

いかがでしょうか?ガイドブックにも載っていない、イタリアの日常を感じられるスポットを集めてみました。あまり観光地化されてないエリアはアジア人も少なく、イタリアを更に感じれます。また、国内線も格安航空券が沢山あるので、ぜひ一度行ってみてくださいね。